FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸閉塞(くつした)

    腸閉塞(くつした)1

 2~3日前から慢性的な嘔吐で2か月の犬(雑種、♀)が来院しました。一般状態は特に問題なく、元気もあったので、この様な場合は軽い制吐薬などで様子を見てもらう所ですが、腹部触診を念入りにした所、中腹部に細長い構造物がありました。

    腸閉塞(くつした)2

    腸閉塞(くつした)3

 腹部の超音波検査をした所、明瞭なシャドーを引く構造物が腸管内にある事が確認されました。そしてその前後に液体の貯留も認められました。
 典型的な腸内異物の所見です。タオル的なものと思われます。

    腸閉塞(くつした)4

 腸閉塞(くつした)5

 レントゲン検査では、小腸内の食渣の貯留は認められましたが、他に異常はありませんでした。

 この様な場合、この異物が自然に便として排出されるかもしれません。もし排出されなければ外科的に摘出しなければならないのですが、とりあえず一晩入院させて様子を見る事にしました。

    腸閉塞(くつした)6

 翌日、便と一緒に排出されました。やはり靴下でした。
 手術をしなくて良かったです。
スポンサーサイト

犬の肝に出来た転移性腫瘍

    犬の肝に出来た転移性腫瘍1

 急に痩せて来たとの事で11歳のW・コーギー(未避妊♀)が来院しました。血液生化学検査をした所、肝酵素値の著しい上昇が見られました。

    犬の肝に出来た転移性腫瘍2

 また腹部超音波検査では肝臓全体に、小結節状の低エコー性の虫食い像がみられました。また軽度腹水貯留もありました。腹水採取を試みましたがほとんど採取できませんでした。

 翌日肝の針生検を行いましたが、正常な肝細胞しか採取できませんでした。
 また努力性の呼吸が見られたので胸部レントゲン検査をした所、胸水貯留が見られました。

    犬の肝に出来た転移性腫瘍7

 胸水は漏出性で、塗抹像では炎症性中皮細胞と大型のMφ細胞主体でした。

 肝細胞の腫瘍病変は認められたものの確定診断は出来ず、初診時から4日後に死亡してしまいました。


 死後腹部の開腹の許可を頂きました。

    犬の肝に出来た転移性腫瘍3

 やはり肝臓全体に大小数㎝の結節性病変が沢山見られました。

    犬の肝に出来た転移性腫瘍4

 腹水も貯留しています。

    犬の肝に出来た転移性腫瘍5

 また腸間膜と腹膜にも米粒上の結節が無数にありました。

    犬の肝に出来た転移性腫瘍6


 肝臓のスタンプ標本では肝細胞とは別に、大小不同でシート状のこう悪性度の細胞が見られました。

    犬の肝に出来た転移性腫瘍8

 開腹時に採取した腹水でも同様の所見が見られました。


 採取した肝臓の病理検査を依頼したところ、「原発不明の転移性の腫瘍」と言う結果でした。
 

腸重積

    腸重積1

 今日はネコの腸重積の手術をしました。3ヶ月の雌ネコです。

 慢性の嘔吐があるとの事で来院した仔猫でしたが、腹部の触診で硬い腸が触知出来ました。

    腸重積2

 腹部の超音波検査では小腸の中に小腸が入り込んで、ドーナツのリング状になっている所がありました。

    腸重積3

 開腹したところ、小腸に少し広い範囲で腸重積が起こっていました。軽度なものですと手で整復できるのですが、癒着が激しく一部が欠損していたので、重積部分を全部切除する事にしました。

    腸重積4

 切除し腸の端々吻合も上手く出来ました。上の写真の鉗子で指している部分が欠損している部分です。

犬・猫の寄生虫卵

    回虫卵    
    犬・猫の寄生虫3

 仔犬・子猫の糞便中に日常的に見られます。そのほとんどが胎盤感染や乳汁感染です。それ程病原性は強くありませんが、便や吐物に糸状の寄生虫の成虫が混じる事があるので、気持ち悪がって苦衷を希望される方もいます。

    瓜実条虫
    犬・猫の寄生虫2

 体に付いたノミを口から摂取する事により犬猫にい寄生します。こちらもそれ程病原性は強くありません。米粒のような片節が肛門周辺や、便に付着する事が良くありますが、虫卵自体を便中に観察できる事はまれです。

    マンソン裂頭条虫
    犬・猫の寄生虫1

 ヘビやカエルを食べる事で感染します。主にネコによく見られます。重感染する事で慢性の下痢を起こすことがあります。

    壺型吸虫
    犬・猫の寄生虫6

 こちらもヘビやカエルを食べる事で感染します。主にネコに見られます。重感染する事で慢性の下痢を起こすことがあります。

    犬・猫の寄生虫8

 またこのマンソン裂頭条虫・つぼ型吸虫は同時感染をおこすことがあります。上の様に2種類の虫卵が顕微鏡で観察出来る事があります。

    コクシジウム
    犬・猫の寄生虫9

 この寄生虫は犬猫をはじめ様々な動物に寄生する可能性があります。この寄生虫は上記の寄生虫とは少し違う「原虫」と言う仲間に属します。病原性は結構高く、仔犬・仔猫に強い下痢や嘔吐の症状を呈し、死亡する事もあります。

    鉤虫
    犬・猫の寄生虫4

 それ程頻繁には見かけませんが犬猫に見られます。私の経験ではネコによく見られます。よく下痢を起こします。

    鞭虫
    犬・猫の寄生虫5

 犬で慢性的な嘔吐下痢を呈します。なかなか虫卵を検出する事が出来ない事があり、原因不明の胃腸炎が実はこの鞭虫の寄生だった、という事が時々あるそうです。生活環境の土壌中に多く潜んでいる事があり、駆虫しても生活の場所を変えない限り何度も感染を続ける可能性があります。

    糞線虫
    犬・猫の寄生虫7

 虫卵ではないですが、この様な線虫の虫体が見られる事もあります。

ネコの胃内異物(クツひも)

    ネコの胃内異物(クツひも)1

 4日前から嘔吐が出るとの事で8か月の雑種ネコ(避妊済み♀)が来院しました。

 腹部超音波検査にて胃内と小腸に少量の食渣の滞留が認められた以外特に異常はありませんでした。

 腹部レントゲン検査では

    ネコの胃内異物(クツひも)2

    ネコの胃内異物(クツひも)3

 胃から十二指腸にかけてガスの貯留が認められました。そこでバリウム検査を行いました。

    ネコの胃内異物(クツひも)4

    ネコの胃内異物(クツひも)5

 バリウム投与1時間30分後のレントゲン写真です。矢印の部分に明らかに人工物が見えます。胃の幽門部から十二指腸にかけてです。

     ネコの胃内異物(クツひも)6

 これが何かと言うと・・・・、クツひもでした。

 内視鏡で何とか摘出出来ました。クツひもは水分を吸収するので、バリウムを吸収してこの様な特徴的な様子で写るのです。
プロフィール

Thrones

Author:Thrones
こんにちは。
日々悪戦苦闘する動物病院院長の日常から、趣味の事まで幅広く描いて行きます。
下のリンク先の「安藤動物病院HP」
も一緒にご覧いただけると幸いです。

リンク
検索フォーム
アクセス
MAP

安藤動物病院
〒761-8053
香川県高松市西ハゼ町143-1
ドラッグストア コスモス西ハゼ店様の西隣です。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。