FC2ブログ

「借りぐらしのアリエッティ」を観て

借りぐらしのアリエッティ

 「借りぐらしのアリエッティ」ようやく観て来ました。この映画は「床下の小人たち」が原作で、企画・脚本を担当した宮崎駿さんが40年近く前からアニメーション化しようと考えていたそうで、そのオマージュとして後の「トトロ」や「ポニョ」に繋がって行った事は容易に想像がつきます。当然「アリエッティ」にもその様な作品を連想させるようなシーンがいくつも出て来るのですが。
 感想ですが最近のジブリ映画としては少し短い100分弱の時間の中でよくまとまっていて、とても観やすい内容で見終わった後もすっきりとした気分になれる映画でした。主人公アリエッティの性格も心優しく勇敢で、病弱な少年、翔との心の触れ合いにとても心が温まりました。また小人と人間の視点の見え方の違いの対比が非常に面白くて、しかも最近のアニメーションによくあるCGを駆使した凝った演出の映像ではなく、素朴な見せ方をしていた点が良かったです。ただそう言った演出も今回監督をした米林宏昌さんの作戦でしょうが、そう言う映像をあえて提示するジブリはやっぱり凄いし、日本を代表するアニメーション制作会社だと思いました。
 さてこの米林監督は、脚本は宮崎さんが担当したそうですが、絵コンテとキャラクター設計は自身が勤めたそうで今後が期待出来ます。1996年にジブリに入社した作画上がりの監督とのこと。彼が担当した「ポニョ来る」のシーンは神がかり的な作画でした。

 ただアリエッティと同じ小人の少年スピラーはちょっと観ていて消化不良だったかな。「コナン」のジムシーの様な外見と性格はキャラクター性も良かったのですが、どうも上手くストーリーの中に収めきれていない様に思えました。120分あればもっと色々エピソードを入れられたかな?少し残念です。
 
 ところで米田宏昌さんって「もののけ姫はこうして生まれた」の新入社員歓迎会でカエルの合唱歌っていたひとですよね?ちらっとしか写っていないけど・・・。14年前と大分変わっていますが、それらしき人が写っています。
スポンサーサイト



プロフィール

Thrones

Author:Thrones
こんにちは。
日々悪戦苦闘する動物病院院長の日常から、趣味の事まで幅広く描いて行きます。
下のリンク先の「安藤動物病院HP」
も一緒にご覧いただけると幸いです。

リンク
検索フォーム
アクセス
MAP

安藤動物病院
〒761-8053
香川県高松市西ハゼ町143-1
ドラッグストア コスモス西ハゼ店様の西隣です。

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR