fc2ブログ

よくある質問 イヌのワクチン

よくある質問 イヌのワクチン

 イヌの飼い主さんが動物病院へ行く機会としてワクチンの接種があります。今回はそのイヌのワクチンについて書こうと思います(狂犬病はのぞく)。

 現在日本国内では各メーカーから様々な種類のワクチンが発売されています。主に1種、2種、5種、6種、7種、8種、9種とあり、この数字は予防できる伝染病の種類を表わしています。さてイヌの伝染病には
犬パルボウイルス、犬ジステンパーウイルス、犬アデノ1型・2型、犬パラインフルエンザウイルス、犬コロナウイルス、犬レプトスピラがあり、これ等の伝染病をワクチンによって予防するのです。当然この伝染病には感染すれば命に関わるため必ず予防しなければならないものもあれば、それ程重症にならない、または国内では滅多に感染しないものもあります。
 ぜひ予防して欲しいもの:コアワクチン  どうでも良いもの:ノンコアワクチン と呼びます。

まずその分類ですが  (詳しい症状については割愛)
コアワクチン
・犬パルボウイルス
・犬ジステンパーウイルス
・犬アデノウイルス1型   
※犬伝染性肝炎は1型で起こる疾患であるが、2型(犬伝染性喉頭気管炎)が
 ワクチン抗原として利用されている。交差免疫が成立するので肝炎・喉頭
 気管炎の両方を同時に予防出来る。

ノンコアワクチン
・犬パラインフルエンザウイルス・・・症状は非常に軽く、多くは自然治癒する
・犬コロナウイルス・・・症状は非常に軽く、多くは自然治癒する
・レプトスピラ症・・・感染すれば死亡する事もあるが、国内での感染例は少ない。これについては後述。

 と言うわけでこのコア・ノンコアの分類で行けば、パルボ、ジステンパー、アデノ1・2型、パラインフルエンザを含む5種のワクチンを打っておけば飼い犬を伝染病から予防する事は十分可能となります。

 しかしレプトスピラ症は感染すれば死亡する事もあり、野山などでは重感染地域もあるので、接種しておいた方が良い場合もあります。ただしレプトスピラのサブタイプは現在20種類ほど発見されているのですが、その内ワクチンが開発されているのは3種類だけです。つまり、毎年接種していても感染する可能性はあります。しかもこのレプトスピラワクチンの抗体持続期間は約半年なので、本当に予防しようと考えているならば半年に1度接種する必要があります。

 以上の事から私自身は、普通の家庭犬なら5種か6種を1年に1回接種する程度でよいかと思っております。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Thrones

Author:Thrones
こんにちは。
日々悪戦苦闘する動物病院院長の日常から、趣味の事まで幅広く描いて行きます。
下のリンク先の「安藤動物病院HP」
も一緒にご覧いただけると幸いです。

リンク
検索フォーム
アクセス
MAP

安藤動物病院
〒761-8053
香川県高松市西ハゼ町143-1
ドラッグストア コスモス西ハゼ店様の西隣です。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR