FC2ブログ

急激な骨髄抑制を起こした猫白血病のネコ

急激な骨髄抑制を起こした猫白血病1

 一昨日から下痢と悪心があるとの事で12歳(避妊済 ♀)の雑種猫が来院。この時は簡単な対処療法のみで対応しました。

 10日後、下痢が一時良くなったがまた再発したとの事で来院。体重の減少と、脱水状態が酷かったため血液検査を実施しました。
・PCV:23%
・WBC:6300       
・PLT:21000     そして猫白血病陽性でした。
 ここで注目する所は、腸炎を起こしストレス状態であるにもかかわらず、白血球数がそれ程高くない事です。血液を顕微鏡で観察した所、好中球の減少と、リンパ球の軽度の増加が見られました。

 猫白血病を発症していると考えられます。

急激な骨髄抑制を起こした猫白血病2
 
 猫白血病により骨髄抑制が起こり、赤血球や白血球の生成が行われなくなり、易感染性となったと考えられます。 
 この時から抗生剤(Baytril)、Pre、皮下点滴を毎日行いました。

 その3日後、白血球数が300にまで減少しました。

急激な骨髄抑制を起こした猫白血病3
 白血球がほとんど見えません。

 下痢も止まらずPCVも11.7%です。翌日輸血をしましたが、予後は悪いと考えられます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Thrones

Author:Thrones
こんにちは。
日々悪戦苦闘する動物病院院長の日常から、趣味の事まで幅広く描いて行きます。
下のリンク先の「安藤動物病院HP」
も一緒にご覧いただけると幸いです。

リンク
検索フォーム
アクセス
MAP

安藤動物病院
〒761-8053
香川県高松市西ハゼ町143-1
ドラッグストア コスモス西ハゼ店様の西隣です。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR