FC2ブログ

イヌの子宮粘液腫

イヌの子宮粘液腫1

 先日皮膚病で来院したシーズー(12歳 未避妊♀)、問診時に多飲・多尿があり、腹部がやや張っていて外陰部が腫脹していたので、血液検査と超音波検査を実施しました。

 血液検査では特に異常なかったのですが、超音波検査では子宮の拡大を認めたので子宮蓄膿症と診断して手術を勧めました。

 ただし子宮蓄膿症にしては白血球数の上昇がなく(6800)、患者の状態も良いので少し変だなぁとは思っていました。

イヌの子宮粘液腫2

 お腹を開けてみたら子宮粘液腫でした。膿の代わりに普通の体液が溜まっていたのですね。白血球数の上昇がなかったのも納得できます。
 ただこの子宮が破れたら大変だし、子宮蓄膿症に発展する可能性もあるので通常通り全摘出しました。教科書には載ってるけど、僕自身は初めて見る症例でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Thrones

Author:Thrones
こんにちは。
日々悪戦苦闘する動物病院院長の日常から、趣味の事まで幅広く描いて行きます。
下のリンク先の「安藤動物病院HP」
も一緒にご覧いただけると幸いです。

リンク
検索フォーム
アクセス
MAP

安藤動物病院
〒761-8053
香川県高松市西ハゼ町143-1
ドラッグストア コスモス西ハゼ店様の西隣です。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR